Blog Topへ > アーカイブインデックス > 賃金カテゴリ
久保事務所Webサイトへ
  • サイトポリシー
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
賃金のブログ記事
【厚生労働省】すべての都道府県で地域別最低賃金の改定額が答申されました

今年の10月以降に適用される地域別最低賃金が、すべての都道府県で出そろったようです。
地方最低賃金審議会での答申結果の取りまとめが公表されました。異議申し出に関する手続きを経て、多くの都道府県で10月1日から適用されます。


全国平均(労働者数による加重平均)は823円で、昨年との差額は25円でした。


厚生労働省のWebサイトで、全都道府県の地域別最低賃金額が公表されました。

平成27年度の地方最低賃金審議会による答申のポイントは次の通りとのことです。

・改定額の全国加重平均額は798円(昨年度780円、18円の引上げ)。
・全国加重平均額18円の引上げは、最低賃金額が時給のみで示されるようになった
 平成14年 度以降、最大の引上げ(昨年度は16円)。
・最高額(東京都907円)と最低額(鳥取県等4県693円)の比率は、76.4%(昨年度は76.2%。
 なお、この比率が改善したのは平成15年度以来)。

鳥取県以外では、高知県、宮崎県、沖縄県が最低額693円でした。

ところで、ここでいう平均額とは加重平均額です。データの個数、つまり賃金額の場合は労働者数を加味した平均であることは知っておいてよいのではないかと思います。