Blog Topへ > 下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金の2次公募について
久保事務所Webサイトへ
  • サイトポリシー
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

下請中小企業・小規模事業者自立化支援対策費補助金の2次公募について

| コメント(0) | トラックバック(0)
 発注元企業の閉鎖・縮小、またはその予定により、売上高が10%以上減少する見込みのある企業を対象とした補助金の2次公募が始まりました。

 公募期間は平成29年7月13日(木)~平成29年8月21日(月)です。



 大きな取引先を失ったことで、新たな販路開拓をする場合の費用が補助されます。
補助対象経費は、事業費、販路開拓費、試作開発費で、補助率は3分の2、上限は500万円(下限は100万円)です。

 補助対象経費をもう少し詳しく見ると、事業費については特許権等の知的財産権の取得費用、事業遂行に必要な調査費などが含まれます。販路開拓費については、展示会関連経費や広報費(チラシ、Webサイト制作費用等)などが対象となっています。そして試作開発費は、機器のリース代、購入費用、試作費、実験費が対象です。

 大きな取引先を失った場合、まずは不要不急の経費を見直して、少しでも確実に会社の中に資金が残るような対策をする(つまりコストカットです)ことになりますが、それだけでは事業は長く続かないでしょう。新たな販路を開拓するためには様々な費用を要しますが、このような補助金を使うのも一つの方法であると思います。該当される方は、ぜひ検討してみてください。
 

トラックバック(0)

管理者が承認するまでトラックバックは受け取らないように設定されており、承認されない場合があります。

トラックバックURL: http://www.kubo-office.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/710

コメントする

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されず、承認されない場合があります。
また、コメントする際は、メールアドレスの入力が必要です。