Blog Topへ > 「転勤に関する雇用管理のヒントと手法」
久保事務所Webサイトへ
  • サイトポリシー
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

「転勤に関する雇用管理のヒントと手法」

| コメント(0) | トラックバック(0)

厚生労働省の研究会が、「まち・ひと・しごと創生総合戦略(2015年改訂版)」を受けて作成した資料です。

この研究会では、『転勤に関する雇用管理のポイント(仮称)』の策定を目指しています。企業の経営上の必要性と、労働者のワーク・ライフ・バランスの両立を目指した内容になるようです。
そのための報告書はこちらで公開されていますが、その内容を踏まえて取りまとめたのが、この資料であると説明されています。

「転勤に関する雇用管理のヒントと手法」の内容は、まず転勤に関係した法規範を確認し、次に転勤についての「基本的な視点」を提供したうえで、最後に三つのパターンに分けてポイントを紹介しています。三つのパターンとは、

(ア)勤務地を限定しないことを原則とするパターン
(イ)雇用区分を設けて転勤を管理するパターン
(ウ)その他(労働者が決定に関与するパターン)

です。

そして本文の後に、参考資料がいくつか添付されています。転勤に関する法令(参考資料1)、国家戦略特別区域法第37条第2項に基づく「雇用指針」・モデル就業規則(参考資料2)、転勤に関する裁判例(参考資料3)、転勤に関する最近の文献等(参考資料4)の4つです。

参考資料に添付されている豊富な裁判例は非常に参考になると思います。また、文献のうち、労働政策研究・研修機構の実態ヒアリング調査は、現状を知るのに役立つでしょう。

転勤に関して労務管理上の問題が生じた、あるいは転勤に関して社内の制度設計が必要だというときに備えて目を通しておくとよいと思います。


 

トラックバック(0)

管理者が承認するまでトラックバックは受け取らないように設定されており、承認されない場合があります。

トラックバックURL: http://www.kubo-office.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/698

コメントする

投稿したコメントは管理者が承認するまで公開されず、承認されない場合があります。
また、コメントする際は、メールアドレスの入力が必要です。