Blog Topへ > アーカイブインデックス > 2011年5月
2011年5月アーカイブ
アマゾンの紹介ページ

「科学」というと、力強く地平を切り開くようなイメージがあり、科学の進歩によって、人間が自然のことをかなりの部分で理解しているものと思っていました。

ところがこの本は、そんな漠然とした、科学万能主義とでもいうような、科学に対する私の見方をしっかりと否定してくれました。


科学の力で自然のことを沢山理解することができたことは確かだけれども、それは、科学の方法に馴染んだごく一部の領域で成果を挙げたに過ぎないという指摘は、100%文系アタマの私には新鮮でした。


誠実な科学者から語られる、科学の限界についての指摘は、大変興味深いものでした。

そして、科学の方法による検証手法は、私の今の仕事にも大きな示唆を頂けたような気がします。


<読書データ>

著者:中谷宇吉郎

出版社:岩波書店/岩波新書(青版)